運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

メタボ健診実施率は48.6%‐受診者の約2割が薬服用‐厚生労働省

2016年07月15日(金)10時00分配信 配信日:16/07/15 10:00 icon_view375view icon_view375view

■14年度調査

厚生労働省は11日、2014年度の特定健康診査の実施率が48.6%と前年度に比べて1ポイント上昇し、そのうち特定保健指導の対象となった人の割合は16.8%だったと発表した。メタボリック症候群の該当者と予備群は、08年度比で3.18%減少した。また、特定健診の受診者のうち、高血圧、糖尿病、脂質異常症治療薬のいずれか1種類を服用している人の割合は19%となった。

特定健康診査の全体実施率を見ると、14年度の実施率は48.6%と、前年度に比べて1ポイント上昇した。特定健康診査を受けた人のうち、特定保健指導の対象となった人の割合は16.8%となった。そのうち、特定保健指導を終了した人の割合は17.8%と前年度と比べて0.1ポイント上昇した。

メタボリック症候群の該当者と予備群の減少率は、08年度比3.18%と前年度に比べてマイナス0.29ポイントとなったが、高血圧、糖尿病、脂質異常症の治療薬を服用しない人のうち、メタボリック症候群の該当者と予備群の減少率を見たところ、12.74%と前年度の12.67%よりもわずかに上昇した。

また、特定健診受診者のうち、高血圧、糖尿病、脂質異常症の治療薬のいずれか1種類を服用している人の割合は19%、いずれか2種類を服用している人の割合は7.7%、3種類の薬剤を服用している人の割合は1.3%となった。

さらに、メタボリック症候群の該当者と予備群のうち、糖尿病、高血圧、脂質異常症の治療薬のいずれか1種類を服用している人の割合は30.4%と前年度に比べて0.1%減となった一方、いずれか2種類を服用している人の割合は15.3%と1.6%増、3種類の人の割合は3.4%と0.1%増となった。


(情報提供元: 薬事日報)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1306件)

show

2017.04.26 new 239.モノで釣る手法の見直しを 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.04.21 new 薬剤師が知っておきたい! これからの肺がんチーム医… 【特集記事】

2017.04.19 new 238.良かったと感じられる行動はどんなことか 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.04.13 39.4人に1人が週1回以上訪れるドラッグストアで… 【オモテに出ている裏話】

2017.04.12 237.薬剤師56位の意味とは 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19580件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5543件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:04月19日~04月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:04月19日~04月26日

もっと見る