緊急アンケート
実施中!!!!
  • 回答いただいた方の中から、抽選で10名様に

    「Amazonギフト券 1,000円分」をプレゼントいたします!

     

    【薬科大学在籍の5年生・6年生対象】かかりつけ薬剤師の認知度調査

    2016年4月にスタートした、「かかりつけ薬剤師」について、皆さんがどのくらいご存知で、どのような印象をもたれているか、ぜひ教えください!!!

     

    (お知らせ日:2017.01.05)

業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

外国平均価格調整ルール見直しを‐薬価算定組織・清野委員長‐中央社会保険医療協議会総会

2016年08月26日(金)10時00分配信 配信日:16/08/26 10:00 icon_view322view icon_view322view

■業界は「革新」観点訴え

薬価算定組織の清野精彦委員長は、24日の中央社会保険医療協議会総会で、外国平均価格調整ルールを見直す必要性について言及した。

同ルールは、類似薬効比較方式Iおよび原価計算方式のいずれの場合においても、外国価格との乖離が大きい場合に薬価の調整を行うためのもの。具体的には、米、英、独、仏の価格の平均額の1.5倍を上回る場合は引き下げ、外国平均価格の0.75倍を下回る場合には引き上げ(ただし、算定値の2倍を上限)を行うことになっている。

31日に収載予定で、外国平均価格調整の対象となった日本イーライリリーの乾癬治療薬「トルツ皮下注」は、英国の薬価は20万2500円だったのに対し、最初に承認された米国の薬価が58万6001円と高く、外国平均価格が39万4251円に設定された。

これにより、調整前は14万6244円だった薬価が調整後に24万5873円となり、最類似薬のノバルティスファーマの「コセンティクス皮下注」の薬価7万3132円の3倍以上に引き上げられた。

これを受け、清野委員長は、現行の外国平均価格調整ルールを見直すことを提案した。厚生労働省保険局の中山智紀薬剤管理官は、「薬価専門部会で新たなルールを検討し、総会で決める」と応じた。

また、総会では、複数の委員が「同じ作用機序のものであれば、トルツではなく、他の安い薬価の薬剤を使うようにできないか」といった意見が出たことを踏まえ、保険局は留意事項通知を発出し、適正使用の徹底を図る考えを示した。


(情報提供元: 薬事日報)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1284件)

show

2017.01.12 new 83.薬局買収のもたらすもの 【世塵・風塵】

2017.01.11 new 224.水中に溶出するアノ医薬品の濃度、知っていま… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.01.05 new 24.幸せとは何か 【メンタルヘルス】

2017.01.04 223.調べていなかったと打ち明けた厚労省 【薬剤師業界のウラガワ】

2016.12.22 36.採用担当者必見!究極の「青田買い」は品川区に… 【オモテに出ている裏話】

もっと見る

業界ニュース(18760件)

show

アンケート

show

2016.04.15 【アンケート結果】 薬剤師の年収、理想と現実 no.2

2016.03.17 【アンケート結果】 点眼薬の服薬指導は奥が深い?no.2

2016.02.18 【アンケート結果】 その残業、必要ですか?no.2

2016.01.21 【アンケート結果】 待ち時間がかかるときの工夫no.2

2015.12.24 【アンケート結果】 きれい?汚い?薬局のお掃除 no.2

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5409件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:01月09日~01月16日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:01月09日~01月16日

もっと見る