運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

「ジェネリック導入で年間1億4000万円の経済効果」

2009年06月09日(火)15時16分配信 配信日:09/06/09 15:16 icon_view1057view icon_view1057view
足利赤十字病院の小松本院長が講演
  足利赤十字病院の小松本悟院長は5日、東京都内で開かれた「加速するジェネリック医薬品の導入と今後」と題したセミナー(新社会システム総合研究所主催)で講演し、「DPCマネジメントの中でジェネリック医薬品の導入は付加価値額増大の大きなモーメントとなる」と説明、同院は月3000万円(薬価)相当のジェネリック医薬品の順次導入によって、平成19年度は年間1億4000万円の経済効果が得られたことを明らかにした。同院では、DPC導入にあたり病院の医薬品費削減と、患者自己負担の軽減のために、ジェネリック医薬品の導入を決定。後発医薬品検討部会を設置し、19年度までに128品目、採用率7.7%の後発医薬品を採用している。 写真=この日のセミナーでは、特定医療法人鴻仁会岡山中央病院の蓮岡英明外科部長、東邦大学医療センター大森病院の小山信彌心臓血管外科部長、国際医療福祉大学三田病院の武藤正樹副院長も講演した。
(情報提供元:
医療タイムス

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19743件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5593件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月16日~06月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月16日~06月23日

もっと見る