業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

第1類薬のネット販売、薬剤師の情報提供低下‐ルール検証の議論に影響も‐厚生労働省

2017年08月09日(水)10時00分配信 配信日:17/08/09 10:00 icon_view397view icon_view397view

■16年度覆面調査を公表

厚生労働省が公表した、2016年度の「医薬品販売制度実態把握調査」(覆面調査)の結果によると、インターネットの医薬品販売サイトで、副作用リスクが高い第1類医薬品を販売する際、23%が情報提供を行っていなかったことが分かった。情報提供していたケースでも、法律で義務づけられている「薬剤師による情報提供」を行っていたサイトは前年度の82.0%を12.2ポイント下回る69.8%にとどまっており、ネット販売における販売ルール徹底の課題が浮き彫りとなった。

調査は、薬局・薬店が店舗やインターネットで一般薬が適正に販売されているかどうかを把握するため、調査員が消費者を装って実施しているもの。今回は、全国5020の薬局・店舗、508のインターネット販売サイトを対象とした。

第1類薬をネットで販売するに当たり、購入者にメールなどで適切に情報提供を行っていたサイトは76.8%、「情報提供なし」のサイトは23.2%に上った。いずれも、前年度(情報提供あり71.4%、情報提供なし28.6%)より改善したものの、依然としてルールの徹底が不十分だったことが分かった。

一般用医薬品のインターネット販売に関する新たな規制を盛り込んだ改正薬事法・薬剤師法では、2014年6月の施行後、5年をメドに販売ルールの遵守状況などを検証し、必要な措置を講じることになっている。ルールが徹底されていない状況が続けば、ネット販売解禁の是非を問う声も上がってきそうだ。

 

■要指導薬・第1類薬、「文書で情報提供」減少

店舗販売の調査では、要指導薬について、購入者本人が使用するか確認を行った薬局は、前年度から4.2ポイントマイナスの81%にとどまった。

要指導薬を販売する際、情報提供を行っていた薬局・店舗販売業は86.5%だったが、文書を用いて詳細な説明を行ったのはマイナス3.7ポイントの75.8%で、文書を渡されたが詳細な説明がなかったのは4.1%(前年度4.0%)、口頭での説明しか行わなかった店舗は20.1%(16.5%)だった。

また、販売に当たっては、使用者の状況(年齢、症状、他の医薬品の使用状況)を確認する必要があるが、遵守していた薬局・店舗販売業は前年度の91.8%からマイナス4.5ポイントの87.3%だった。

要指導薬は、薬剤師のみが販売できることになっており、販売時に情報提供を行った者の資格は「薬剤師」が96.3%で、ほぼルールが遵守されていた。

要指導薬だけでなく、第1類薬の販売時にも文書を用いた情報提供を行う必要があり、遵守率は前年度の73.6%からマイナス5.4ポイントの68.2%だった。文書を渡したものの詳細な説明を行わなかったのは4.0%(4.3%)、口頭のみでの説明しか行わなかったのは27.8%(22.2%)で、遵守が不十分だった。


(情報提供元: 薬事日報)

Good 0

コメント

回答:1件

記事・レポート(1347件)

show

2017.11.22 new 269.その結果の信ぴょう性は 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.15 new 268.直前に出た人、止めた人の結果 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.08 267.根拠の無い「就寝前」は誰のため 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.02 93.薬局の業態変化の必要性 【世塵・風塵】

2017.11.01 266.まさか2年連続で怒鳴るとは 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20171件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5709件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:11月16日~11月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:11月16日~11月23日

もっと見る