運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

配合剤の薬価算定ルール 改めて議論へ

2009年06月17日(水)17時48分配信 配信日:09/06/17 17:48 icon_view1145view icon_view1145view
 新薬メーカーが近年開発傾向にある配合剤を巡って新たな議論が始まりそうだ。中央社会保険医療協議会(中医協)は10日の総会で、ARB(アンジオテンシン2受容体拮抗薬)と利尿剤の配合降圧剤『ミコンビ』(一般名:テルミサルタン、ヒドロクロロチアミド=日本ベーリンガーインゲルハイム(日本BI))や、抗菌薬『クラビット』(レボフロキサシン=第一三共)の高用量品など新薬9成分19品目の薬価収載を了承した。
 ただ、配合降圧剤に関しては各委員から、配合の意義や価格設定に対して疑問視する向きが多く、最終的には今後の薬価専門部会で、改めて配合剤の薬価算定ルールを議論することに決めた。
(情報提供元:
薬局新聞社

Good 1

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19752件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月19日~06月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月19日~06月26日

もっと見る