業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

ボグリボースなど遠ざかる大型スイッチ

2011年04月20日(水)09時20分配信 配信日:11/04/20 09:20 icon_view1542view icon_view1542view
大型成分のスイッチ化にはほど遠い――。厚生労働省は11日、平成20年に薬学会から提出された『医療用医薬品の有効成分のうち、一般用医薬品としても利用可能と考えられる候補成分(スイッチ化スキーム)』の進捗状況および成分に対する医学会の意見を公表した。

糖尿病治療薬の「ボグリボース」やACE阻害薬「エナラプリルマレイン酸塩」などの目玉成分については、これまで非公開だった医学会からの強硬な反対意見が記されており、今回開示された文書からは、スイッチ化は相当困難と言わざるを得ない。
(情報提供元:薬局新聞社

Good 1

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19681件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5574件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月23日~05月30日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月23日~05月30日

もっと見る