業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

『ケトチフェン』など2成分のリスク移行

2011年08月12日(金)09時00分配信 配信日:11/08/12 09:00 icon_view1181view icon_view1181view
厚労省の薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会を開催し、一般用医薬品のリスク区分について了承した。 リスク区分の変更が認められたのは、『ケトチフェン』(第1類から第2類へ)、『トリアムシノロンアセトニド』(第1類から指定第2類へ)の2成分。ケトチフェンを変更する理由については「同様な成分として抗ヒスタミン作用を有するクロルフェニラミンが第2類として流通していることや、副作用情報・重篤な副作用も少ない」ことを根拠とした。
(情報提供元:薬局新聞社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1338件)

show

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.06 高齢者への薬物療法はこう考える 【加齢で高まる! 薬の…】

もっと見る

業界ニュース(19806件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5587件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:07月18日~07月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月18日~07月25日

もっと見る