運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

避妊パッチなどで血栓のリスク警告

2011年11月07日(月)17時00分配信 配信日:11/11/07 17:00 icon_view1078view icon_view1078view
■一部の避妊用製品で血栓のリスク

米食品医薬品局(Food and Drug Administration、FDA)は10月27日、女性用の避妊用品のうち経口避妊薬や避妊リング、避妊パッチなどの一部製品で、低用量ピルより血栓リスクが著しく増加すると警告した。

米国の食品医薬品局(Food and Drug Administration、FDA)では、10月27日に、女性用避妊用品の一部で、低用量ピルに比較して血栓リスクが著しく増加するものがあるとして、警告を発した。

■リング、パッチ、ドロスピレノン含有剤

同局では、女性80万人以上を対象に、複数の調査を行ってきた。その結果、警告避妊薬のうちドロスピレノンを含むもの、避妊リングの「ニュバリング」(メルク、月一回膣内挿入)、避妊パッチ「オーソ・エブラ」(ヤンセンファーマ、週1回皮膚に貼付)では、低用量ピル服用に比較して、非致死的特発性静脈血栓塞栓症(VTE)のリスクが高まるとしている。

これまで、避妊リングや避妊パッチとVTEのリスクの関連性を示唆する調査報告はなかった。原因はエストロゲンの過剰摂取ではないかとされているが、今後の継続調査が必要とされている。

欧州でも、医薬品審査庁から、ドロスピレノン含有の経口避妊薬と血栓のリスクを関連付けて、警告ラベルへの記載を提案していたが、全体リスクは低いとして、服用停止勧告は出ていなかった。
(情報提供元:エスタイル)

Good 1

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19752件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月20日~06月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月20日~06月27日

もっと見る