運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

厚労省医薬品第二部会、審議・報告品目8成分了承

2011年11月12日(土)09時00分配信 配信日:11/11/12 09:00 icon_view982view icon_view982view
厚生労働省は医薬品第二部会を開催し、審議品目3成分、報告品目5成分をそれぞれ了承した。今冬の薬事分科会で正式に承認される見通し。審議品目はMSDが申請した『ロタテック内用液』(一般名=5価経口弱毒生ロタウイルスワクチン)で、効能・効果はロタウイルスによる胃腸炎の予防とする新有効成分含有医薬品。再審査期間は8年。アストラゼネカの『イレッサ錠250』(一般名=ゲフィチニブ)は、EGFR遺伝子変異陽性の手術不能または再発非小細胞肺がんに効能・効果を変更する。厚労省は「同症例に対する第一選択薬となる方向」という。
(情報提供元:薬局新聞社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月18日~06月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月18日~06月25日

もっと見る