業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

不育症治療 ヘパリン注射が保険適応に

2011年12月25日(日)11時48分配信 配信日:11/12/25 11:48 icon_view1876view icon_view1876view
■患者団体にも朗報、月5万円の治療

不育症患者は年間約3万人程度の発症が報告されており、中でも、血栓症を伴う流産を繰り返すケースは全体の約25%を占めるとされている。

胎盤や子宮に血栓ができると、胎児に栄養が届きにくくなることが原因とされる。このような状態の患者には、ヘパリンカルシウム製剤の注射が有効とされていた。しかしながら、1日2回必要とされる注射のために通院を繰り返すことは困難として、自宅での自己注射が主流となっていたが、この治療はこれまで保険適応外で月5万円程度の費用がかかっていた。このため、患者団体や学会が保険適応を認めるよう働きかけてきた。

■副作用による出血リスクは少ないと判断

ヘパリンに関しては、出血の恐れなどを中心に検討されていたが、厚生労働相では研究班が行なってきた調査結果を検討し「大きな副作用は見られない」と判断したため、保険適用の承認に踏み切った。

(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1313件)

show

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

もっと見る

業界ニュース(19761件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5599件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る