業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

メタボ治療にオキシトシンが有効

2011年12月30日(金)13時45分配信 配信日:11/12/30 13:45 icon_view1644view icon_view1644view
■食欲を抑え、脂肪を燃焼

自治医大の生理学講座の矢田俊彦教授と前島裕子助教らのグループが行った研究で、脳内で分泌されるホルモン、オキシトシンを体内に投与すると、食欲が抑制され、脂肪燃焼を促すため、体重を減少させる効果があることが明らかになったことが、今月になって米国学術誌「エイジング」電子版に掲載された。

この方法が臨床で活用されるようになると、メタボリックシンドロームの治療効果が期待できるという。

オキシトシンは、年齢や性別に関係なく脳内で分泌されるが、女性では特に分娩や授乳の際に多く分泌される。矢田教授らは2年前にこのホルモンが、摂食中枢に働きかけることを解明して以来、オキシトシンの脂肪燃焼効果などを研究してきた。。

■マウスは13%の体重減少

今回の研究では、高カロリーの餌を雄のマウスに8週間与え、体重と内臓脂肪を増加させると共に血糖値を上昇させた上で、体内にオキシトシンを投与した。すると、投与後約1時間から食事量が減少し、3日後から体重も減少した。運動量に変化がないにもかかわらず、内臓脂肪も減少していた。実験により約13%の体重が減少したが、血圧などへの副作用は見られなかった。

■メタボの4つの要素のうち、少なくとも2つをカバー

メタボリックシンドロームは、内臓脂肪型肥満プラス、高血糖・高血圧・高脂血症のいずれか2つ以上を併せ持つことが診断基準。今回の研究で、内臓脂肪型肥満と高血糖に関するオキシトシンの効果が検証されたので、今後は残る高血圧・高脂血症への影響も調査し、最終的にメタボリックシンドロームの治療として確立できるかどうかを評価する。

(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(5件)

show

ブログ(5573件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月21日~05月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月21日~05月28日

もっと見る