業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

アステラス製薬、レストレスレッグス症候群治療剤「レグナイト錠」製造販売承認取得へ

2012年01月25日(水)17時00分配信 配信日:12/01/25 17:00 icon_view2269view icon_view2269view
■「むずむず脚症候群」の不快な症状を緩和

アステラス製薬は、米国の医薬品会社ゼノポート社より導入したレストレスレッグス症候群の治療剤「レグナイト(R)錠」(以下、「レグナイト」)の、日本国内における製造販売承認を取得しましたと発表しました。

レストレスレッグス症候群は、下半身などに“むずむず”とした不快感や痛みなどを引き起こし、「むずむず脚症候群」とも呼ばれています。どうしても脚を動かしたくなり、日常生活に支障をきたしてしまうほどですが、なぜ発症するかという原因については、未だ解明されていないそうです。

■レストレスレッグス症候群の患者に選択肢が生まれる

「レグナイト」は、消化管全体に存在する高容量輸送体から吸収され、生体内で直ちにガバペンチンに変換されるように設計。薬物吸収の飽和を受けず、投与量に比例してガバペンチン血中濃度が上昇する特徴があります。

国内には、およそ210万人以上の中等度以上のレストレスレッグス症候群患者がいると推定されていますが、「レグナイト」の国内の発売により、患者にとって、治療薬の新たな道が開けることになります。

レグナイト(R)錠300mg
【一般名】
ガバペンチン エナカルビル(英名:Gabapentin Enacarbil)

【効能・効果】
中等度から高度の特発性レストレスレッグス症候群(下肢静止不能症候群)

【用法・用量】
通常、成人にはガバペンチン エナカルビルとして1日1回600mgを夕食後に経口投与する。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1338件)

show

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.06 高齢者への薬物療法はこう考える 【加齢で高まる! 薬の…】

もっと見る

業界ニュース(19806件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5587件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:07月18日~07月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月18日~07月25日

もっと見る