業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

「冷感タオル」でアレルギー性の皮膚炎の恐れ

2012年01月27日(金)17時00分配信 配信日:12/01/27 17:00 icon_view1666view icon_view1666view
■昨夏は「冷感タオル」が流行

1月19日、国民生活センターは、“冷感グッズ”である「冷感タオル」について、染みこんだ防腐剤の影響でアレルギー性の接触皮膚炎を引き起こす恐れがあると発表した。

昨夏は、東日本大震災の影響により、節電に対する意識が高まり、電気を使用せずに冷感を得られる「冷感グッズ」の人気も高まった。「冷感タオル」は、水にぬらして(浸して)首に巻くことで、ひんやりした涼感を得られる商品である。

■イソチアゾリノン系の防腐剤を使用

同センターによると、2011年に入り「冷感タオル」を使用して「湿疹がでた」「赤く腫れた」などの相談が複数件寄せられたという。その中の3件について調査したところ、いずれの商品からもアレルギー性の接触皮膚炎を起こすとの報告があるイソチアゾリノン系の防腐剤が検出された。

調査によると「冷感タオル」の8商品のうち7商品は、イソチアゾリノン系防腐剤を使用していることが判明した。全ての銘柄で開封後の初回使用前には、洗浄を求める注意書きはあるが、防腐剤の成分を示す表示はない。

厚生労働省では、イソチアゾリノン系防腐剤の一部について、化粧品と医薬部外品への成分表示を義務づけている。「冷感タオル」のような雑貨には成分表示の義務がなく、センターでは製造、販売業者に記載を求めている。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1313件)

show

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

もっと見る

業界ニュース(19761件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5599件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る