業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

アルツハイマー病防止に効果か

2012年02月05日(日)09時00分配信 配信日:12/02/05 09:00 icon_view1081view icon_view1081view
■コレステロール低下薬に原因となるタンパク質減らす効果

福井大学(福井市)の浜野忠則講師(神経内科学)が、血液中のコレストロール値を下げる薬にアルツハイマー病の原因となるタンパク質を減らす効果があることを発表した。

■認知症患者の半分がアルツハイマー病

アルツハイマー病は異常を起こしたタンパク質が脳内組織の神経細胞に蓄積し、細胞を破壊することによって引き起こされるという説が有力。認知症の患者の半数近くをアルツハイマー病の患者が占めているとされているが、今回の発見によりアルツハイマー病の発症防止や、進行を遅らせることができる可能性がある。

産経新聞の報道によると、浜野講師は「臨床研究で効果を検証し、数年以内に治療薬として使えるようにしたい」と話している。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19661件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5569件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月18日~05月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月18日~05月25日

もっと見る