業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

【中外製薬】合成抗菌薬バクトラミンの効能および効果追加を公知申請 へ

2012年02月16日(木)09時53分配信 配信日:12/02/16 09:53 icon_view1152view icon_view1152view
■薬食審医薬品第二部会で公知申請を了承

中外製薬株式会社は、合成抗菌剤トリメトプリム・スルファメトキサゾール製剤[(販売名『バクトラミン(R)配合錠、バクトラミン(R)配合顆粒』、以下、「バクトラミン(R)」)]の「ニューモシスチス肺炎及びその発症抑制」に関する効能・効果追加の公知申請を、2012年2月13日、厚生労働省に行ったと発表しました。

「バクトラミン」は、2011年12月22日に開催された「医療上の必要性の高い未承認薬・適応外薬検討会議」で、本効能・効果について公知申請に該当すると評価され、2012年2月1日に開催された「薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会」で、これらの効能・効果の追加に対し、公知申請を行って差し支えないと決定され、今回の公知申請となりました。

■致死率ほぼ100%のニューモシスチス肺炎に効果

ニューモシスチス肺炎(PCP)は、無治療の状態では、ほぼ100%の致死率といわれる重篤な疾患。しかし、HIV感染者では、AIDS指標疾患の中でPCPの発症率が約40%と最も高く、PCPによる死亡率(1カ月あたり)は発症者の15%~20%と推定されているそうです。

また、免疫抑制剤を使用する患者で、非HIV感染者の場合は症状が急激な経過をたどることが多く、死亡率(1カ月あたり)は非HIV感染者で約40%、特に人工呼吸管理を必要とする患者では約60%に達すると推定されており、さらに、基礎疾患として肺病変がある患者では予後不良であることが多く、軽快後も肺機能障害が進行する場合があります。

中外製薬では、これからの患者のために、「バクトラミン(R)」の早期承認に向けて取り組みたいとしています。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5574件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月22日~05月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月22日~05月29日

もっと見る