業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

アルツハイマーのマウスに劇的な効果 皮膚がん治療薬 

2012年02月17日(金)17時00分配信 配信日:12/02/17 17:00 icon_view1474view icon_view1474view
■皮膚がん治療のみにとどまらない可能性

皮膚T細胞性リンパ腫(CTCL)の治療薬で、米食品医薬品局(FDA)認可の、ベキサロテンに思いがけない効果が見つかり、今後の検証に期待が集まっている。

ベキサロテンは、現在日本では認可が下りていないが、万有製薬が申請中。

アメリカ、ケース・ウェスタン・リザーブ大学の研究チームの報告によると、ベキサロテンをアルツハイマーのマウスに投与した結果、症状の著しい改善が見られたという。

■数値データも行動も大きく改善


アルツハイマー病では、脳内でアミロイドベータという物質が大量に蓄積されることが知られている。ベキサロテンを投与したマウスでは、アミロイドベータの値は低下、アミロイドベータの分解を助けるアポリポタンパク質の値が上昇、同病の特徴と言われるアミロイド斑は、72時間で50%も除去された。

皮膚がんの治療薬をアルツハイマー病のマウスに投与したところ、症状が急激に改善した。アルツハイマー病20+ 件を研究する米国の科学者らが偶然これを発見した。

また、これらのマウスの行動を観察した実験でも、記憶力や認知能力に顕著な改善が見られたという。

■臨床使用に向けて健康な人への投与が間近


米国では認可済みのため、早期に臨床試験を行うことが容易であるため、主任研究員のゲーリー・ランドレス氏は、今後2ヶ月を目処に、健康な人への投与し、マウスで得られた結果との整合性を追跡する意向。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1315件)

show

2017.06.29 new 『加齢で高まる!薬のリスク』 【著者プロフィール】

2017.06.29 new 加齢で高まる! 6つのリスク ―高頻度に現れやすい… 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

もっと見る

業界ニュース(19762件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5601件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る