業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

【PMDA】サーバリックス、ガーダシル接種後は失神による転倒防止対策を

2012年02月17日(金)17時00分配信 配信日:12/02/17 17:00 icon_view2138view icon_view2138view
■接種後に失神した症例が多数報告

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構(PMDA)によると、グラクソ・スミスクライン株式会社の「サーバリックス(R)」と、MSD株式会社の「ガーダシル(R)」に関して、「失神による転倒防止対策のお願い」という注意喚起が出されたそうです。

グラクソ・スミスクラインによると、販売開始から2011年11月30日までに「サーバリックス(R)」の推定接種者は、最大約509万人で、失神した症例は416例。

また、MSD社では、販売開始から2011年12月31日時点で、「ガーダシル(R)」の推定接種者は最大約337,000人で、失神した症例は66例とのことです。

■接種後は、立ち上がらずに待機を

「サーバリックス(R)」の場合、接種直後あるいは15分以内で失神する例が7~8割を占めており、中には15分以上経過後に発生した例も報告されているそうです。また「ガーダシル(R)」の場合は、接種直後5分以内の発生が8割を占めているそうです。

失神する原因としては、痛み、恐怖、興奮などに引き続く血管迷走神経反射が考えられ、主に10代での発現が多いそうです。

【接種後の注意点】
・ 失神に備えて、接種後の移動の際には医療従事者あるいは保護者等が付き添う ・ 接種後 30 分程度は体重を預けられるような場所で、なるべく立ち上がることを避けて待機してもらう

(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5572件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る