業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

【塩野義製薬】「サインバルタ」の糖尿病性神経障害に伴う疼痛への追加適応の承認取得

2012年02月27日(月)17時00分配信 配信日:12/02/27 17:00 icon_view1557view icon_view1557view
■難しい糖尿病性神経障害に伴う疼痛に新たな治療薬

塩野義製薬株式会社と日本イーライリリー株式会社は、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬「サインバルタ(R)カプセル 20mg」、「サインバルタ(R)カプセル 30mg」(一般名:デュロキセチン塩酸塩)の糖尿病性神経障害に伴う疼痛を効能・効果として追加適応の承認を取得したと発表しました。

糖尿病に特有の合併症の1つで、網膜症、腎症と共に糖尿病の3大合併症といわれている糖尿病性神経障害。日本臨床内科医会「日本臨床内科医会会誌」2001年9月、12月号で発表した内容によると、糖尿病患者1万2,821例のうち、「神経障害あり」と判断したのは4,709例(37%)で、網膜症23%、腎症14%に比べ高率だったそうです。

■痛みに対する満足度が低い疼痛

平成19年度国内基盤技術調査報告書によると、糖尿病性神経障害に伴う疼痛は、治療度の満足度、薬剤の貢献度が低い疾患にあたるそうです。

今回の追加適用の承認で、糖尿病性神経障害に伴う疼痛に悩む患者にとって新しい薬の選択肢が広がることになります。

サインバルタ
【製品名】
サインバルタ(R)カプセル 20mg、30mg
【一般名】
デュロキセチン塩酸塩
【効能・効果】
うつ病・うつ状態、糖尿病性神経障害に伴う疼痛
【用法・用量】
通常、成人は1日1回朝食後、デュロキセチンとして40mgを経口服用する。服用は1日20mgより開始し、1週間以上の間隔を空けて1日用量として20mgずつ増量する。なお、効果不十分な場合には、1日60mgまで増量することができる。
【薬価】
・サインバルタ(R)カプセル20mg 169.30円
・サインバルタ(R)カプセル30mg 230.50円

(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5574件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月22日~05月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月22日~05月29日

もっと見る