緊急アンケート
実施中!!!!
  • 回答いただいた方の中から、抽選で10名様に

    「Amazonギフト券 1,000円分」をプレゼントいたします!

     

    【薬科大学在籍の5年生・6年生対象】かかりつけ薬剤師の認知度調査

    2016年4月にスタートした、「かかりつけ薬剤師」について、皆さんがどのくらいご存知で、どのような印象をもたれているか、ぜひ教えください!!!

     

    (お知らせ日:2017.01.05)

業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

帝人ファーマ 「フェブリク錠」の長期処方可能を発表

2012年04月08日(日)09時00分配信 配信日:12/04/08 09:00 icon_view2686view icon_view2686view
■血中尿酸値の治療目標値を長期に維持

帝人ファーマ株式会社は、同社が、2011年5月より販売している高尿酸血症治療剤「フェブリク(R)錠」(一般名:フェブキソスタット)について、発売後の市販直後調査などで安全性が確認されたため、2012年4月1日から長期処方が可能となったと発表しました。

「フェブリク(R)錠」は、世界で40年ぶりとなる新規尿酸生成抑制薬。数々の臨床試験によって、血中尿酸値を治療目標値である6.0mg/dL以下まで低下させ、長期に維持できることが証明されてきました。

■長期処方の解禁で、患者の選択肢が広がる

また、「フェブリク(R)錠」は、日本で初めて高血圧などの合併症の有無に制限されない、「高尿酸血症」を適応症に持つ薬剤です。

昨年5月の発売以降、尿酸値が十分低下せずに痛風発作を繰り返していた症例において、同剤に切り替えたところ、尿酸値を治療目標値である6.0mg/dL以下まで低下させ、さらに、観察期間中に痛風発作が起きていないとの報告や、循環器疾患や慢性腎臓病などの合併の有無や、併用する降圧薬の種類にかかわらず、血中尿酸値を低下させ、97%の症例で血中尿酸値6.0mg/dL以下を達成したことが報告されています。

帝人ファーマでは、
このたびの長期処方解禁により、高尿酸血症治療の新しい選択肢として、患者さんのQOL(Quality Of Life)向上にさらに貢献できるものと期待しています

とコメントをしています。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1285件)

show

2017.01.18 new 225.早くも始まった次期改定の議論 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.01.12 new 83.薬局買収のもたらすもの 【世塵・風塵】

2017.01.11 new 224.水中に溶出するアノ医薬品の濃度、知っていま… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.01.05 24.幸せとは何か 【メンタルヘルス】

2017.01.04 223.調べていなかったと打ち明けた厚労省 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(18786件)

show

アンケート

show

2016.04.15 【アンケート結果】 薬剤師の年収、理想と現実 no.2

2016.03.17 【アンケート結果】 点眼薬の服薬指導は奥が深い?no.2

2016.02.18 【アンケート結果】 その残業、必要ですか?no.2

2016.01.21 【アンケート結果】 待ち時間がかかるときの工夫no.2

2015.12.24 【アンケート結果】 きれい?汚い?薬局のお掃除 no.2

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5413件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:01月11日~01月18日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:01月11日~01月18日

もっと見る