業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

時間かかる、大型後発品への切り替え

2012年05月21日(月)13時30分配信 配信日:12/05/21 13:30 icon_view721view icon_view721view
国病の共同入札 パリエット、ラジカット、リピトール、アクトス…
国立病院、労災病院、国立高度医療研究センターの医薬品共同入札の品目は、政府の後発品使用促進策によって、プライマリケア領域の製品で後発品のシェアが高い。本紙調べでは、「アムロジピンOD錠5mg」の本州エリアの契約数量は、後発品5社の合計で8597錠の一方、先発品の大日本住友製薬「アムロジン」は6337錠、ファイザー「ノルバスク」は2006錠で、後発品の“数量シェア”は約51%にまで達した。
(情報提供元:医薬経済社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1339件)

show

2017.07.26 new 252.フォーミュラリに込めた狙いは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19811件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5596件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:07月19日~07月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月19日~07月26日

もっと見る