運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

時間かかる、大型後発品への切り替え

2012年05月21日(月)13時30分配信 配信日:12/05/21 13:30 icon_view715view icon_view715view
国病の共同入札 パリエット、ラジカット、リピトール、アクトス…
国立病院、労災病院、国立高度医療研究センターの医薬品共同入札の品目は、政府の後発品使用促進策によって、プライマリケア領域の製品で後発品のシェアが高い。本紙調べでは、「アムロジピンOD錠5mg」の本州エリアの契約数量は、後発品5社の合計で8597錠の一方、先発品の大日本住友製薬「アムロジン」は6337錠、ファイザー「ノルバスク」は2006錠で、後発品の“数量シェア”は約51%にまで達した。
(情報提供元:医薬経済社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る