業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

ワクチンで小児の髄膜炎患者数減少 来年より公的予防接種に

2012年05月28日(月)17時00分配信 配信日:12/05/28 17:00 icon_view914view icon_view914view
■来年度より公費接種の制度化

小児の細菌性髄膜炎予防として、インフルエンザ菌b型(ヒブ)ワクチンと、肺炎球菌ワクチンが2010年より暫定的に公費接種の対象となり、これを受けて2011年に、ワクチンの接種率があがった。厚生労働省は、2013年度から公的予防接種を制度化することを5月23日に発表した。

■暫定公費接種の結果、ヒブと肺炎球菌の患者数が減少

同省が、2011年の小児のヒブ感染による細菌性髄膜炎の動向を調査したところ、0歳から4歳の患者数は2008年から2010年の3年間での年平均に比較して、約半数に減少していた。

肺炎球菌が原因の細菌性髄膜炎も、同様の調査で25%の減少が見られた。

この患者数の減少は、公費助成によりワクチン接種が普及した成果であると見られている。

同省では、同日、子宮頸がんワクチンに対しても公的予防接種の対象とすることを発表した。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19681件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5575件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月23日~05月30日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月23日~05月30日

もっと見る