運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

数百種の薬の副作用による皮膚疾患 2年半で死亡例133件

2012年06月03日(日)09時00分配信 配信日:12/06/03 09:00 icon_view1024view icon_view1024view
■2年半で133例の死亡が報告

抗てんかん薬、解熱剤や抗生物質など、多岐にわたる薬の副作用で起こる皮膚疾患の、スティーブンス・ジョンソン症候群と中毒性表皮壊死症は、100万人当たりに数人という稀な疾患だが、今年1月までの2年半で、1505人の発症のうち、死亡例が131人であることが、厚生労働省のまとめで明らかになった。ただし、この数字には専門家が因果関係を薄いと判断したものも含まれている。

■高熱と発疹に始まり、多臓器障害へ

スティーブンス・ジョンソン症候群では、口唇や眼瞼結膜に、発疹が出る。一方中道区政表皮壊死症は全身の皮膚の広範囲に発疹が現れる。いずれも重症化すると、多臓器に障害が起こる。発症の仕組みが明らかになっておらず、原因と推定される薬も何百種類と多いうえ、人口当たりの発症頻度は低いため、皮膚科医でも診断や治療が遅れ、重症化することが多いとされる。

原因と考えられる薬のうち、処方箋なしで購入できる一般用医薬品でも風邪薬など54種類が上げられている。

■早期診断と治療がカギ

発生機序などが不明のため、早期発見と診断・治療が現状では重要視されている。厚生労働省安全対策課では、初期症状は高熱を伴う発疹。疑わしい症状が見られた場合は速やかに受診することを呼びかけている。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る