業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

【PMDA】マイスリーとマイスタンの取り違えを注意喚起

2012年06月07日(木)17時00分配信 配信日:12/06/07 17:00 icon_view3192view icon_view3192view
■ヒヤリ・ハット事例が報告

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構(PMDA)は、アステラス製薬株式会社の「マイスリー(一般名:ゾルピデム酒石酸塩)と、大日本住友製薬株式会社の「マイスタン(一般名:クロバザム)」の、取り違えに関する各販売企業からの注意喚起を発表しました。

「マイスリー」と「マイスタン」については、薬剤名が似ていることから、薬剤の取り違えに関する医療事故事例や、ヒヤリ・ハット事例が報告されています。

■販売名と薬効の確認を忘れずに


「マイスリー」は、“催眠鎮静剤(入眠剤)”で、「マイスタン」は、“抗てんかん剤”となります。取り違え事例としては、
・処方薬は「マイスリー」錠10mgであったが、レセコン入力時に「マイスタン」錠10mgと入力。急ぎの患者だったため、患者とともに確認していたところ、説明文書が薬と異なることが発覚

・患者に初めて『「マイスタン」錠5mg、寝る前服用』が処方されたところ、患者にはてんかんの既往歴がなかったため、医師の勘違いの可能性もあり、疑義照会したところ、「マイスリー」錠5mgの勘違いであることが分かった

が、報告されています。

このため、各販売企業では、処方する際は販売名および薬効を確認するとともに、薬剤オーダーリングシステム等を使用する際は、「マイスリー」または「マイスタン」を入力すると、アラートを表示するなどの予防策を講じて欲しいとしています。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1315件)

show

2017.06.29 new 『加齢で高まる!薬のリスク』 【著者プロフィール】

2017.06.29 new 加齢で高まる! 6つのリスク ―高頻度に現れやすい… 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリックに関する薬剤師アンケート(まとめ) 【特集記事】

もっと見る

業界ニュース(19762件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5601件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月23日~06月30日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月23日~06月30日

もっと見る