業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

大型候補成分のスイッチ化に暗雲

2009年09月09日(水)10時06分配信 配信日:09/09/09 10:06 icon_view22view icon_view22view
 スイッチOTC薬の促進に向けた流れが停滞しつつある。新たに公表された『スイッチ化スキーム』(スイッチOTC化を促す仕組み)における候補リストでは、消化性潰瘍薬のPPI製剤(プロトンポンプ阻害剤)や抗菌薬、ビタミンD3製剤といった成分が軒並み脱落。前回リストから外れた糖尿病治療薬や高血圧症治療薬のACE阻害薬(アンジオテンシン変換酵素阻害薬)に引き続く大型成分の落選には、多くの業界関係者から、深いため息が聞こえてくる。
さらに、新販売制度が施行された後の市場動向をみると、薬剤師不在に伴う第1類医薬品の売上低迷も目立つ。こうした要素は、今後の各メーカーの開発にも大きな影響を与えそうだ。 
(情報提供元:
薬局新聞社

<ニュース一覧に戻る>

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19676件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5574件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月22日~05月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月22日~05月29日

もっと見る