業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

子宮頸がんワクチン接種後 567人が失神

2012年07月04日(水)09時40分配信 配信日:12/07/04 09:40 icon_view2861view icon_view2861view
■原因はワクチン以外の可能性

子宮頸がんワクチン接種後に失神したケースが567件報告されていたことが、厚生労働省のまとめでわかった。調査結果は、今年3月までにワクチン製造販売業者・医療機関からの報告を集計したもの。

失神の原因については、ワクチンそのものではなく、注射に対する恐怖、興奮などから生じる血管迷走神経反射と考えられている。また、接種してから15分以上経過したあとに発現したケースも報告されており、これらの中には、起立性低血圧と思われる失神もあると指摘されている。

厚生労働省は、ワクチン接種後に失神を起こして転倒に至ることもあるとして、
1.接種後の移動の際は医療従事者あるいは保護者等が付き添うようにすること
2.接種後30分程度はなるべく立ち上がらないようにすること
など、安全対策の徹底を呼びかけている。
(情報提供元:「ナース専科」マガジン編集部

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1306件)

show

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.11 学会レポート_0.著者プロフィール 【著者プロフィール】

もっと見る

業界ニュース(19659件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5569件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月16日~05月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月16日~05月23日

もっと見る