業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

抗インフル薬、行政備蓄の見直し開始

2012年08月28日(火)09時46分配信 配信日:12/08/28 09:46 icon_view879view icon_view879view
厚労省 「ラピアクタ」「イナビル」は採用なるか、有効期限ネックに
厚生労働省は行政備蓄用の抗インフルエンザウイルス薬の見直しを開始する。国と都道府県は現在、中外製薬の「タミフル」とグラクソ・スミスクラインの「リレンザ」を備蓄しているが、新たに塩野義製薬の「ラピアクタ」、第一三共の「イナビル」を採用するかが注目される。
(情報提供元:医薬経済社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1338件)

show

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 new 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 new 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.06 高齢者への薬物療法はこう考える 【加齢で高まる! 薬の…】

もっと見る

業界ニュース(19803件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5585件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:07月14日~07月21日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月14日~07月21日

もっと見る