業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

グラクソ パーキンソン病治療薬「レキップ(R)CR錠」発売

2012年09月02日(日)09時00分配信 配信日:12/09/02 09:00 icon_view1602view icon_view1602view
■1日1回の服用で血漿中ロピニロール濃度をコントロール

グラクソ・スミスクライン株式会社は、2012年8月28日に、パーキンソン病治療薬「レキップ(R)CR錠2mg」、「レキップ(R)CR錠8mg」(ロピニロール塩酸塩徐放錠、以下「レキップ(R)CR錠」)の発売を開始しました。

「レキップ(R)CR錠」は、1日1回の投与で、血漿中ロピニロール濃度を24時間良好にコントロールすることができるとされています。

■「レキップ(R)錠」から安全に切り替えが可能

同社では、日本において、2006年12月から「レキップ(R)錠」をパーキンソン病治療薬として、1日3回服用として販売をしています。

新発売となる「レキップ(R)CR錠」は、早期のパーキンソン病患者において、運動能力検査や日常生活動作を改善し、また、進行期のパーキンソン病患者においても、「レキップ(R)錠」と同じく、運動能力検査や日常生活動作が改善する特性があります。

レキップ(R)CR錠
【製品名】
「レキップ(R)CR 錠2mg」、「レキップ(R)CR錠8mg」
【一般名】
ロピニロール塩酸塩
【承認取得日】
2012年6月29日
【発売日】
2012年8月28日
【薬価】
2mg 1錠:273.60円、 8mg 1錠:941.40円
【用法・用量】
通常、成人にはロピニロールとして1日1回2mgから始め、2週目に4mg/日とする。以後経過観察しながら、必要に応じ、2mg/日ずつ1週間以上の間隔で増量する。いずれの投与量の場合も1日1回経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減するが、ロピニロールとして1日量16mgを超えないこととする。
(情報提供元:エスタイル)

Good 1

コメント

回答:0件

記事・レポート(1338件)

show

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 new 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 new 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.06 高齢者への薬物療法はこう考える 【加齢で高まる! 薬の…】

もっと見る

業界ニュース(19803件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5586件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:07月16日~07月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月16日~07月23日

もっと見る