運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

国内で1日1回使用の喘息、COPD治療薬申請 GSK

2012年10月01日(月)17時00分配信 配信日:12/10/01 17:00 icon_view1766view icon_view1766view
■日本国内での承認申請を発表

9月26日に、グラクソ・スミスクライン(社長:フィリップ・フォシェ、本社:東京都渋谷区)が発表したところによると、同社では気管支喘息およびCOPD治療薬の吸入ステロイドの承認申請を国内で行った。

同社では、これまでも喘息やCOPDの開発に力を入れてきた。今回申請を行ったのはICS/LABA配合剤にあたり、フルチカゾンフランカルボン酸エステルと長時間作動型のβ2刺激薬、ビランテロールの配合剤で、1日1吸入であることが特徴の一つ。

同社ではICS/LABA配合薬のアドエア(フルチカゾンプロピオン酸エステルとサルメテロールキシナホ酸塩の配合薬)を販売しているが、こちらは1日2吸入が必要。

■現在承認を受けた国はなし

フルチカゾンフランカルボン酸エステルは、同社の開発した薬剤。現在ビランテロール配合剤は、世界同時開発中のため、承認されている国はまだない。

■COPDの増加は社会問題として積極的な取り組み姿勢を表明

国内の喘息死は、年々減少しているが、COPDでは逆に増加してきている。COPDでの死亡者は現在16000人以上となっており、年間の医療費では8000億円に達しており、同社はこれを社会問題と見て、新薬開発に取り組んでいる。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19752件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月20日~06月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月20日~06月27日

もっと見る