業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

頭痛薬ナラトリプタンが難病の神経変性疾患に効果

2012年10月07日(日)09時00分配信 配信日:12/10/07 09:00 icon_view1318view icon_view1318view
■名古屋大学の研究グループが明らかに

名古屋大学は、9月28日、片頭痛の治療薬である「ナラトリプタン」が運動神経変性に対する新規治療薬であることを見いだしたと発表しました。
同大大学院医学系研究科の祖父江元教授(神経内科学)らの研究グループが東京大学代謝生理化学の研究グループと共同で発見しました。

■ナラトリプタンに病気の進行抑える効果

神経変性疾患とはアルツハイマー病、パーキンソン病などの特定の神経が徐々に弱っていく進行性の難病ですが、病気のメカニズムを抑える有効な治療法はわかっていません。

名古屋大学の発表によると、祖父江教授らの研究グループは神経変性疾患のうちの1つで、全身の筋力低下や食べ物の飲み込みにくさを主な症状とする球脊髄性筋萎縮症(SBMA)で、カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP1)がこの病気の発症に深く関係していることを見出したそうです。そして、片頭痛薬の「ナラトリプタン」がCGRP1の発現を抑え、アンドロゲン受容体による運動神経の変性を抑制することがわかったそうです。

研究の詳細な内容は、英国時間9月30日付けで英国科学誌「Nature Medicine」オンライン版に掲載されました。

(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1338件)

show

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 new 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 new 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.06 高齢者への薬物療法はこう考える 【加齢で高まる! 薬の…】

もっと見る

業界ニュース(19800件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5584件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:07月14日~07月21日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月14日~07月21日

もっと見る