業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

重篤な呼吸困難の急性エピソード 臨床的有意に低減

2009年09月25日(金)11時02分配信 配信日:09/09/25 11:02 icon_view20view icon_view20view
 重篤な呼吸困難の急性エピソードを臨床的有意に低減させたと発表 ノバルティスファーマ 長時間作用型β2刺激薬で気管支拡張剤の「QAB149」(インダカテロール)が、長時間作用型吸入抗コリン薬「チオトロピウム」に比べて慢性閉塞性肺疾患患者の肺機能(治療12週でのトラフFEV1=努力肺活量測定の最初の1秒間の努力呼気量)を改善させ、重篤な呼吸困難の急性エピソードを臨床的有意に低減させたと発表。
(情報提供元:
医薬経済社

<ニュース一覧に戻る>

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1346件)

show

2017.11.15 new 268.直前に出た人、止めた人の結果 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.08 new 267.根拠の無い「就寝前」は誰のため 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.02 93.薬局の業態変化の必要性 【世塵・風塵】

2017.11.01 266.まさか2年連続で怒鳴るとは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.25 265.グレーが新たなグレーを生む 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20161件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5705件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:11月12日~11月19日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:11月12日~11月19日

もっと見る