業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

重篤な呼吸困難の急性エピソード 臨床的有意に低減

2009年09月25日(金)11時02分配信 配信日:09/09/25 11:02 icon_view20view icon_view20view
 重篤な呼吸困難の急性エピソードを臨床的有意に低減させたと発表 ノバルティスファーマ 長時間作用型β2刺激薬で気管支拡張剤の「QAB149」(インダカテロール)が、長時間作用型吸入抗コリン薬「チオトロピウム」に比べて慢性閉塞性肺疾患患者の肺機能(治療12週でのトラフFEV1=努力肺活量測定の最初の1秒間の努力呼気量)を改善させ、重篤な呼吸困難の急性エピソードを臨床的有意に低減させたと発表。
(情報提供元:
医薬経済社

<ニュース一覧に戻る>

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1336件)

show

2017.09.20 new 260.いよいよ動き出した第二薬剤師会 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.13 259.“要注目”検討会での方向性 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.07 91.先生 【世塵・風塵】

2017.09.06 258.この表現に耳を疑った 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.30 257.言葉の印象が事の重大さを遠ざける? 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19962件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5654件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:09月18日~09月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:09月18日~09月25日

もっと見る