運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

重篤な呼吸困難の急性エピソード 臨床的有意に低減

2009年09月25日(金)11時02分配信 配信日:09/09/25 11:02 icon_view20view icon_view20view
 重篤な呼吸困難の急性エピソードを臨床的有意に低減させたと発表 ノバルティスファーマ 長時間作用型β2刺激薬で気管支拡張剤の「QAB149」(インダカテロール)が、長時間作用型吸入抗コリン薬「チオトロピウム」に比べて慢性閉塞性肺疾患患者の肺機能(治療12週でのトラフFEV1=努力肺活量測定の最初の1秒間の努力呼気量)を改善させ、重篤な呼吸困難の急性エピソードを臨床的有意に低減させたと発表。
(情報提供元:
医薬経済社

<ニュース一覧に戻る>

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19743件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5593件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月15日~06月22日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月15日~06月22日

もっと見る