業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

イーライリリー、胃がん患者対象の第III相試験で効果

2012年10月25日(木)17時00分配信 配信日:12/10/25 17:00 icon_view912view icon_view912view
■胃がん治療に効果か

イーライリリー・アンド・カンパニー(米国インディアナ州)は、Ramucirumab (IMC-1121B)が転移性胃がん患者を対象とした第III相試験REGARDで主要評価項目である全生存期間の改善を達成したと発表しました。

■乳がんなどその他のがん治療薬の期待も高まる

同社によると、胃がんは胃壁にがん細胞が形成する疾患で、世界で4番目に多いがん腫だそうです。毎年約989,600の患者が新たに診断され、約738,000人が亡くなっているそうです。リリーオンコロジーのRichard Gaynor氏は今回の第III相試験の結果について、
「我々は非常に治療が難しい胃がんのセカンドラインで単剤として用いたRamucirumabのこの結果をうれしく思っています。この結果はまたRamucirumabの開発プラン、すなわち、現在進行中の5つのがん腫(乳がん、大腸がん、胃がん、肝臓がん、及び肺がん)における6つの第III相試験に対する確信を強めるものです。」
と述べているそうです。

同社によると、今回のデータについて、近日中に学会で発表を行う予定であり、申請については規制当局と協議していく予定だということです。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1341件)

show

2017.10.18 new 264.夢と消えた“黒革の手帳”の世界 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.11 new 263.とどまること知らない調剤薬局の不祥事 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.05 92.薬剤師の倫理観 【世塵・風塵】

2017.10.04 262.ついに予防という言葉が登場 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.27 261.新薬局ビジネスモデル研究会の意味とは 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20055件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5679件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:10月14日~10月21日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:10月14日~10月21日

もっと見る