業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

ザーコリのFISH法、「高すぎる」

2012年11月05日(月)09時46分配信 配信日:12/11/05 09:46 icon_view971view icon_view971view
埼玉医大・荻原教授 細胞遺伝子検査の保険適用を訴える  
埼玉医科大学の萩原弘一教授(呼吸器内科)は2日、都内で開かれたゲノム創薬フォーラムで講演。非小細胞肺がん治療薬「ザーコリ」(一般名=クリゾチニブ、ファイザー)の投与前に実施するFISH法による遺伝子検査を「患者の身体的な負担が重く、医療コストが高すぎる」と問題視、FISH法より簡便にできる細胞を用いた遺伝子検査を保険適用するよう訴えた。
(情報提供元:医薬経済社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19676件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5574件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月22日~05月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月22日~05月29日

もっと見る