運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

「チボザニブ」の進行性腎細胞がん効能 申請をFDAが受理

2012年12月04日(火)17時00分配信 配信日:12/12/04 17:00 icon_view710view icon_view710view
■米国FDAが受理したことを発表

11月29日、アステラス製薬株式会社は、米国の医薬品会社アヴェオ社(英名 AVEO Oncology)と共同開発を行っている、血管内皮細胞増殖因子(VEGF)受容体1、2、3阻害剤チボザニブ(一般名、英語名称 tivozanib 開発コード ASP4130))について、米国食品医薬品局(FDA)から、進行性腎細胞がんの効能・効果での販売承認申請が受理されたことを発表した。

■審査終了は来年7月末頃

チボザニブは、進行性腎細胞がんとその他固形がんに臨床的に確立された標的である血管内皮細胞増殖因子(VEGF)経路を強力かつ選択的に阻害する半減期の長い薬剤である。

チボザニブの申請中のブランド名は、TIVOPATH TMであり、アヴェオ社の登録商標となっている。ブランド名は、FDA・欧州医薬品庁(EMA European Medicines Agency)から条件付き承認を受領しているが、FDA及びEMAの最終承認に向けて審査中である。

審査終了の目標日は、処方薬ユーザーフィー法(PDUFA Prescription Drug User Fee Act)に基づいて設定されたスケジュールによると、2013年7月28日としている。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月19日~06月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月19日~06月26日

もっと見る