運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

キッセイ薬品 アントラサイクリン系抗悪性腫瘍剤血管外漏出治療剤「デクスラゾキサン」

2013年02月10日(日)09時00分配信 配信日:13/02/10 09:00 icon_view1241view icon_view1241view
■深刻な症状を治療できる唯一の薬

キッセイ薬品工業株式会社は、アントラサイクリン系抗悪性腫瘍剤の静脈内投与時の血管外漏出による組織障害を治療する薬剤「デクスラゾキサン」(一般名)の製造販売承認申請を、2013年1月30日に行ったと発表しました。

アントラサイクリン系抗悪性腫瘍剤を投与する際、少量でも血管外漏出し組織障害になると、発赤や痛みが起こり、炎症が進むと皮膚の壊死や難治性の潰瘍になってしまう可能性があります。

「デクスラゾキサン」は、その症状の唯一の治療薬ですが、欧州ではスペファームAG社が「Savene」、米国では、アプリカスバイオサイエンス社が「Totect」」という製品名で販売をしていますが、日本では未承認となっています。

■医療上の必要性が高い薬剤と評価され開発に至る


厚生労働省の「医療上の必要性の高い未承認薬・適応外薬検討会議」では、「デクスラゾキサン」を、医療上の必要性が高い薬剤と評価をしていましたが、開発をする企業がありませんでした。

そのため、開発企業の募集をし、キッセイ薬品工業が開発に取り組んできました。

なお、2011年9月に、オランダのスペファーム社と「デクスラゾキサン」の開発・販売権についての取得契約を締結済みです。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19752件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月20日~06月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月20日~06月27日

もっと見る