運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

販路拡大 ドラッグストアでも販売「仁丹 つめかえ」

2013年02月23日(土)09時00分配信 配信日:13/02/23 09:00 icon_view992view icon_view992view
■「仁丹つめかえ」リニューアル

森下仁丹株式会社は、今年の2月11日に創業120周年を迎える。森下仁丹では、創業120周年を記念して、アルミパック入りの詰め替え用商品「仁丹つめかえ」医薬部外品 8100粒(180粒×45袋)(税込価格 3675円)のパッケージリニューアルと、生薬の成分・処方変更を実施した。

■販路をドラッグストアにも拡大

銀粒の「仁丹」は、1929年(昭和4年)に販売を開始した、森下仁丹の看板商品である。「仁丹」は、戦前には総合保健薬として、戦後は息や気分をさわやかにする口中清涼剤として、時代のニーズにあわせて長い期間にわたり親しまれてきた。

「仁丹」は、厳選した16種類の生薬(阿仙薬、甘草末、カンゾウ粗、エキス末、桂皮、丁字、益智、縮砂、木香、生姜、茴香、l-メントール、桂皮油、丁字油、ペパーミント油を配合している。効果・効能は、気分不快・口臭・二日酔い・宿酔・胸つかえ・悪心嘔吐・溜飲・めまい・暑気あたり・乗物酔いとなっている。

森下仁丹では、今回の120周年を機会に「仁丹」をあらためて広く知ってもらうために、商品パッケージの変更、成分・処方変更、販路の拡大を行う。「仁丹つめかえ」は、これまでは通信販売専用の商品であったが、販路をドラッグストアにも拡大し、2月11日から発売する。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19743件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5593件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月15日~06月22日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月15日~06月22日

もっと見る