業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

化学熱傷による事故 ウイルスプロテクターを自主回収

2013年03月04日(月)17時00分配信 配信日:13/03/04 17:00 icon_view1250view icon_view1250view
■22日から自主回収を開始

首からぶらさげるだけでウイルスや菌を除去できる「空間除菌」効果をうたった「ウイルスプロテクター」を使用した人がやけどを負う事故が発生している問題で、輸入元のERA Japan株式会社(愛知県小牧市)は、自主回収を2月22日から開始した。

2月23日、消費者庁は、同日までに新たな事故が18件寄せられたと発表した。やけどの報告は、合計で24件となった。消費者庁では、2月18日に「ウイルスプロテクター」の使用中止を呼びかけていた。

■成分が肌にふれると化学熱傷を引きおこすおそれ

ERA Japanによると、対象の商品は中国製であり、株式会社ダイトクコーポレーション(石川県金沢市)が1月中旬から国内で販売した約70万個である。同社では、「ウイルスプロテクター」の回収を行い、3月1日から順次代替商品を発送する予定である。問い合わせは下記まで。
お客様相談室 0120-988-030(月~金 9時30分から17時まで)

「ウイルスプロテクター」のプレート内の次亜塩素酸ナトリウムが汗や水にふれると、化学熱傷がおこるとみられている。化学熱傷とは、化学物質による皮膚や粘膜の損傷のことであり、多くの場合は化学物質による細胞の障害や、二次的に生じる発熱作用などにより、局所の炎症や組織壊死が引きおこされる。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:1件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19670件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5570件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月19日~05月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月19日~05月26日

もっと見る