業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

武田薬品、腎性貧血薬を米で自主回収

2013年03月06日(水)17時00分配信 配信日:13/03/06 17:00 icon_view920view icon_view920view
■急性アレルギー反応報告で「OMONTYS」を自主回収

武田薬品工業株式会社は24日、Affymax, Inc.との共同声明で、腎性貧血治療剤の「OMONTYS」(一般名:peginesatide)について、自主回収を行うと発表した。回収は、武田薬品の100%子会社である武田ファーマシューティカルズUSA Inc.(TPUSA社)が米国において実施する。

自主回収は、致命的な経過をたどる可能性のある、重い急性アレルギー反応「アナフィラキシー」を含む、患者の死亡例などが報告されたためだ。なお、この治療薬における日本国内販売はなされていない。

■すでに投与の中止、自主回収情報を発信

OMONTYSは、成人の透析期患者を対象としたESA製剤として、米国において初めて使用可能となる1カ月製剤として、昨年4月より発売されていた。初のPEG化された合成ペプチド製剤であるため、ヒトエリスロポエチンに対して配列騒動性がない、アミノ酸の配列が異なるものとなっている。

慢性腎疾患においては、腎臓から赤血球産生を促進するホルモンであるエリスロポエチンが十分に産生されなくなるため、血液中の赤血球量が少なくなる貧血症状が、一般的にみられる合併症として発生する。こうした腎性貧血の治療薬としてESA製剤の投与が行われている。

武田薬品およびAffymax社では、すでに米国食品医薬品局(FDA)と連携し、自主回収をすすめている。また、現在使用されている患者への投与の中止、ならびに新規の患者への投与を行わないよう、医療関係者へ発信を行ったそうだ。

■初回静脈内投与時で発生


現時点での報告によると、致死的な過敏性反応は、全体の約0.02%の患者において、OMONTYSの初回静脈内投与時で報告されているという。また、発現は投与後30分以内にみられているといい、初回投与後や透析措置を完了した患者のケースでは、こうした報告例はないという。

同剤は、発売からこれまでに25000名以上の患者に投与されており、約0.2%の患者で過敏性反応があったそうだ。そのうちおよそ3分の1がアナフィラキシーあるいは入院を含む速やかな医療措置を必要とする重症度の反応であったと報告されている。

武田薬品とAffymax社では、現在引き続きこれらの症例についての調査を進めているそうで、透析治療を行っている米国の医療機関に対しては、追って返品の依頼を発信するとしている。またAffymax社が、米国時間25日、この件に関するカンファレンスコールを行うこともアナウンスされている。この模様は同社のウェブサイト上でライブ配信され、その後も30日間、サイト上にアップされるという。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5572件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る