運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

武田薬品工業、骨粗鬆症月1回製剤「ベネット」発売

2013年03月10日(日)09時00分配信 配信日:13/03/10 09:00 icon_view889view icon_view889view
■リセドロン酸ナトリウム水和物治療剤を製造販売

武田薬品工業株式会社は、2月28日より月1回投与の骨粗鬆症治療剤「ベネット錠75mg」(一般名:リセドロン酸ナトリウム水和物)の製造販売を開始した。

リセドロン酸ナトリウム水和物は、腰椎骨密度を優位に増加させるほか、骨粗鬆症による椎体骨折発生頻度を低下させる効果、骨吸収マーカーを低下させる効果があるとされるもの。破骨細胞による骨吸収を抑え、骨密度と骨強度を高める効果のあるビスフォスフォネート系製剤である。

リセドロン酸ナトリウム水和物は、現在世界の約100カ国で骨粗鬆症治療薬として用いられており、日本でも2002年から1日1回投与タイプの製剤が、2007年からは週1回投与タイプの製剤が販売されている。一方、海外では月1回投与の製剤も販売されており、こちらへの日本国内におけるニーズも高まっていた。

■服薬回数減で負担軽減、選択肢も広く

今回発売が開始された「ベネット錠75mg」では、月1回の投与で治療が行えるため、1日1回や週1回よりもさらに服用回数を減らすことができ、患者の負担軽減や、治療方針の選択決定の幅を広げてライフスタイルに合った判断など各々の意思を反映させる、アドヒアランスの向上につながることが期待されている。

通常の成人における服用としては、起床時に約180mlの水とともに経口投与し、服用後少なくとも30分は横にならず、水以外の飲食と他の薬剤の経口摂取を避けることとされている。

なお、同じくリセドロン酸ナトリウム水和物の75mg製剤で、月1回投与タイプとなる骨粗鬆症治療薬を、味の素製薬が「アクトネル錠」として製造し、エーザイが販売することも開始されている。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月18日~06月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月18日~06月25日

もっと見る