業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

エスエス製薬、「ガストール」をWBC監督起用でPR

2013年03月13日(水)17時00分配信 配信日:13/03/13 17:00 icon_view807view icon_view807view
■もっともプレッシャーのかかる戦いに挑む人として起用

エスエス製薬株式会社は、同社の胃痛、胸やけに効く胃腸薬「ガストール」(第2類医薬品)のイメージキャラクターに、2013 WORLD BASEBALL CLASSIC(WBC)の日本代表・山本浩二監督を起用したと発表した。同氏が出演する新テレビCMは、3月6日より全国オンエア開始となっている。

WBC大会期間中に、現役の代表監督が個人でCMに出演するのは極めて異例のことであり、これが初めてのケースとなる。期待を一身に背負い、そうした周囲からの重圧のなか、大会三連覇を目指すユニホーム姿の監督を、インタビューを交えてとらえ、ドキュメントタッチで表現している。

■胃酸をしっかりおさえ、どんな時も荒れた胃を保護

ただでさえ厳しい勝負の世界にあって、日本代表、連覇という重みを背負うのだから、山本監督は、たしかに今、日本でもっともプレッシャーのかかる戦いに挑んでいる人物として、象徴的な存在といえるだろう。

「ガストール」は、そうした人にもしっかり効く胃腸薬として、今回のCMを通じ、アピールしていく。「ガストール細粒/錠」は、M1ブロッカー(ピレンゼピン塩酸塩)と制酸剤を配合した第2類医薬品。制酸剤が必要以上に分泌された胃酸をまず中和、そしてM1ブロッカーがこの過剰な胃酸分泌を元から抑えることにより、胃痛に効果を発揮する。またM1ブロッカーには、荒れた胃の粘膜を保護する働きもあり、胃痛、胃酸過多、胸やけ、胃もたれ・むかつきなどの症状に対応する。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1313件)

show

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

もっと見る

業界ニュース(19761件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5599件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る