業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

大塚製薬が統合失調症治療薬で躍進、新提携も

2013年03月17日(日)09時00分配信 配信日:13/03/17 09:00 icon_view935view icon_view935view
■「エビリファイ」米国売上でトップに

大塚製薬株式会社は7日、デンマークのルンドベック社と、大塚製薬主催のメディア懇談会を開き、現状報告や今後の体制について発表を行った。

まず、2月28日に米FDAの承認を得た「ABILIFY MAINTENA」(エビリファイ メンテナ)は、3月18日より発売を開始するという。同薬剤は、精神疾患の統合失調症治療に用いられる、月1回投与の持続性注射剤となっている。

この「ABILIFY MAINTENA」を含む、「エビリファイ」ブランドシリーズは、統合失調症の効能・効果で承認されている、世界唯一のドパミンD2受容体パーシャルアゴニストである。「エビリファイ」は米国における2012年度第4四半期(10月~12月)において、その売上が全処方箋医薬品中のトップとなったそうだ。

■ルンドベック社と欧州における共同プロモーションを開始

また、大塚製薬とルンドベック社は、業務提携を拡大し、この「エビリファイ」を欧州各国で共同販促展開していくことで合意したという。4月1日より、デンマーク、フィンランド、ドイツ、イタリア、スペイン、スウェーデン、英国において、両社によるプロモーションを実施するそうだ。また、オーストリア、ベルギー、アイルランド、オランダ、ポーランド、ポルトガル、ルーマニアでは、ルンドベック社がエビリファイのプロモーションを行う。

両社は、2011年11月に精神疾患などの分野における医薬品事業で提携し、新薬の共同開発などを目指している。

統合失調症は、世界各国で人口の約1%が発症しているといわれる精神疾患。遺伝要因及び環境要因があると考えられており、妄想・混乱や感情の鈍麻、思考・意欲の減退など多様な症状がある。医師の診断を受けて薬を服用すると、改善する場合が多い。

「エビリファイ」は世界でも売上を伸ばしており、2012年度の売上高は約6000億円を見込んでいる。今回の共同プロモーションで、さらなる事業の拡大、販売促進を目指す方針だ。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1338件)

show

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 new 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 new 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.06 高齢者への薬物療法はこう考える 【加齢で高まる! 薬の…】

もっと見る

業界ニュース(19803件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5585件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:07月14日~07月21日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月14日~07月21日

もっと見る