運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

アプリ開発へ食品バーコードからアレルギー物質を検知

2013年04月06日(土)09時00分配信 配信日:13/04/06 09:00 icon_view823view icon_view823view
■「笑顔でごはん」と連動したアプリの開発

3月28日、食物アレルギー対応食品販売「笑顔でごはん」を運営する株式会社ブレイントラストは、幼児の食物アレルギー人口の増加、主婦のスマートフォン購入意向率の増加を受けて、「笑顔でごはん」と連動したスマートフォンアプリの開発に着手することを発表した。

■食品を購入する前にアプリを利用


「笑顔でごはん」は、アレルギー物質を除去した食品の専門販売サイトである。同サイトでは「省令7品目」の卵・乳・小麦・そば・落花生・えび・かに、「通知18品目」のあわび・いか・いくら・オレンジ・キウイフルーツ・牛肉・くるみ・さけ・さば・大豆・鶏肉・豚肉・まつたけ・もも・やまいも・りんご・ゼラチン・バナナを選択して、食品の検索をすることが可能となっている。

同社では、食品を購入する前に表示されている商品バーコードを読み取ることで、あらかじめアプリに登録されているアレルギー物質を判断し、「笑顔でごはん」で掲載されている商品の表示を行うアプリケーションの開発を予定している。

これまで、店頭の商品情報のみではコンタミネーション(食品を生産する時に、原材料として使用していないにも関わらず、アレルギー物質がわずかに混入する場合)レベルでのアレルギー物質の使用判断は難しかった。同社は、同アプリを使用することによりコンタミネーション判別が容易になるとしている。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19753件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月20日~06月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月20日~06月27日

もっと見る