運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

定番の薬使用法専門書に記載ミス発覚

2013年04月14日(日)09時01分配信 配信日:13/04/14 09:01 icon_view783view icon_view783view
■「今日の治療薬2013」にミス、重大な医療事故につながるおそれも
医師・薬剤師など医療現場従事者に幅広く利用されている、定番の専門書「今日の治療薬2013」の一部に記載ミスがあることが分かった。出版元の南江堂が注意喚起を行っている。

ミスが発覚したのは、今年1月に出版された「今日の治療薬2013」第1刷(奥付表記:2013年1月25日第35版発行)の177ページ。リウマチの治療薬の1つである「エンドキサン」についての項で、用量を「1日1回500~1000mg/平方メートル静注、投与間隔は4週間」と記載すべきところを、誤って「1日1回500~1000mg/平方メートル静注を4週間」と記載してしまったという。

■注意喚起を行うとともに、回収・交換実施へ
南江堂によると、先月、この注射薬エンドキサンの製造メーカーから指摘があり、誤記載が発覚したという。万が一、この間違った記載にしたがって投与した場合、重大な医療事故につながることから、現在ホームページを通じて訂正を発表、お詫びを掲載している。

現在、このほか関係学会等にも周知を依頼しているところといい、さらに早急に全国の病院にダイレクトメールを発送するなどして注意喚起を行い、事故防止に努めていくとしている。

なお該当書籍は回収・交換を実施する方針で、詳細については4月11日をめどにホームページ上で発表する予定となっている。南江堂によれば、この「今日の治療薬2013」は、およそ10万部が出荷されているという。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5594件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月18日~06月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月18日~06月25日

もっと見る