業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

田辺三菱製薬、新SGLT2阻害剤の国内製造販売承認を申請

2013年06月01日(土)09時00分配信 配信日:13/06/01 09:00 icon_view1083view icon_view1083view
■2型糖尿病治療薬として申請実施
田辺三菱製薬株式会社が27日、SGLT2阻害剤の「TA-7284」(一般名:カナグリフロジン)について、2型糖尿病治療薬として、厚生労働省に対し、国内での製造販売承認申請を行ったことを発表した。

従来のインスリンで血糖値を下げる方法に比べて、長期間服用しても効果が長続きするほか、副作用も少ないという特長があるという。海外では、同剤の導出先であるヤンセン・ファーマシューティカルズが成人の2型糖尿病患者治療薬「INVOKANA」(製品名)として、2013年3月に米国食品医薬品局(FDA)の販売許可を取得している。欧州においても、現在承認申請中だそうだ。

■腎臓で再吸収する物質の作用を阻害する新機序
カナグリフロジンは、田辺三菱製薬が創製した新規作用機序をもつ経口薬。腎臓は通常血糖の恒常性維持に重要な役割を果たしているが、2型糖尿病では、腎臓における糖の再吸収が亢進しており、高血糖状態が維持されたり、進展したりすることに関係していると考えられている。

そこで、この腎臓の尿細管における糖の再吸収に関与するSGLT2(ナトリウム-グルコース共輸送体2)を阻害することによって、再吸収を抑制し、尿中に過剰な糖を排泄させるよう促し、血糖コントロールを改善するようにした。

国内および海外の第III相試験において、11000名を超える患者を対象に、有効性・安全性が検討されたという。審査が順調に進めば、この治療薬が来年にも発売となる見通しだ。

こうした2型糖尿病治療薬として、腎臓における糖の再吸収に着目した、SGLT2阻害タイプの薬剤は、アステラス製薬が3月に、大正製薬が4月に申請を行っており、各社の動きが活発となっている。

(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1341件)

show

2017.10.18 new 264.夢と消えた“黒革の手帳”の世界 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.11 263.とどまること知らない調剤薬局の不祥事 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.05 92.薬剤師の倫理観 【世塵・風塵】

2017.10.04 262.ついに予防という言葉が登場 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.27 261.新薬局ビジネスモデル研究会の意味とは 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20058件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5680件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:10月16日~10月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:10月16日~10月23日

もっと見る