業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

抗てんかん剤「イノベロン」を日本で新発売 エーザイ

2013年06月09日(日)09時00分配信 配信日:13/06/09 09:00 icon_view823view icon_view823view
■5月29日、日本で新発売

5月29日、エーザイ株式会社(本社:東京都、社長:内藤晴夫)は、抗てんかん剤「イノベロン(R)錠100mg、同錠200mg」(一般名 ルフィナミド)をレノックス・ガストー症候群(Lennox-Gastaut syndrome、LGS)に対しての抗てんかん薬との併用療法の適応で発売を開始した。同社は、2004年2月に、同剤の全世界での独占的開発・製造・販売に関する権利をNovartis Pharma AGから獲得して、現在は、欧州・米国・カナダなどの20か国以上で販売している。

■転倒発作でケガをすることも

LGSは、小児から発症する、希少・重篤・難治性のてんかん症候群のひとつである。LGSは複数のてんかん発作型を示すため、発作の制御が極めて困難であるため、通常、患者は数種類の抗てんかん剤を服用している。LGSで特徴的な強直発作や脱力発作では、突然の意識消失により患者は転倒することがある。また、発達遅延や行動障害を伴う場合もある。

イノベロンは、新規構造のトリアゾール誘導体であり、てんかん発作の原因となる過剰電荷を帯びた脳内ナトリウムチャネルの活動を調節し、ナトリウムチャネルの不活性状態を延長し抗てんかん作用を示すとされている。イノベロンは、2011年6月に厚生労働省が希少疾病用医薬品に指定し、2013年3月25日に製造販売承認を取得し、同年5月24日に薬価収載された。

(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1313件)

show

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

もっと見る

業界ニュース(19761件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5599件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る