業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

杏林製薬 「ペンタサ」新剤形、直腸病変主眼の坐剤を投入

2013年06月11日(火)10時06分配信 配信日:13/06/11 10:06 icon_view1294view icon_view1294view
杏林製薬はきょう11日から、潰瘍性大腸炎治療剤「ペンタサ坐剤1g」の販売を開始する。経口剤、注腸剤に続く新剤形で、日本消化器病学会などが同社に開発要望していた。潰瘍性大腸炎のなかでも、血便や粘血便を主症状とする直腸病変を中心に高い有効性が期待される。初年度売上高は7億円程度を見込んでいる。
(情報提供元:医薬経済社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1305件)

show

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.11 学会レポート_0.著者プロフィール 【著者プロフィール】

2017.05.10 241.その可能性はあるのか 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19657件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5567件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月16日~05月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月16日~05月23日

もっと見る