業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

東大・門脇教授 「ビデュリオン」、併用選択で低血糖リスク回避も

2013年06月19日(水)09時53分配信 配信日:13/06/19 09:53 icon_view1017view icon_view1017view
アストラゼネカとブリストル・マイヤーズは18日、都内で5月に発売した2型糖尿病治療薬「ビデュリオン」(一般名=エキセナチド)の記者説明会を開いた。東京大学大学院医学系研究科の門脇孝教授が講演。週1回投与のGLP-1受容体作動薬である同剤について、既存治療でネックとなる低血糖や食後高血糖、体重増加を伴わずに、ヘモグロビンA1c値7%未満という治療目標を達成できることは「画期的」と強調。
(情報提供元:医薬経済社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1340件)

show

2017.07.27 new 89.かかりつけ薬剤師Ⅲ 【世塵・風塵】

2017.07.26 new 252.フォーミュラリに込めた狙いは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

もっと見る

業界ニュース(19813件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5601件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:07月21日~07月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月21日~07月28日

もっと見る