業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

“古参薬”が先進医療の場で再登板

2013年07月22日(月)09時50分配信 配信日:13/07/22 09:50 icon_view573view icon_view573view
スミフェロンとレトロビル、5年後の公知申請で適応拡大

かつて主力品として医療現場で長く使われてきた“古参”の医薬品が、先進医療の場で再登板する。大日本住友製薬の天然型インターフェロン(INF)α剤「スミフェロン注DS」と、グラクソ・スミスクラインの抗ウイルス化学療法剤「レトロビルカプセル」(一般名=ジドブジン、販売はヴィーブヘルスケア)だ。両剤は、希少疾患である成人T細胞白血病・リンパ腫(ATL)に対するINFα/ジドブジン併用療法に用いられる。
(情報提供元:医薬経済社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1313件)

show

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

もっと見る

業界ニュース(19761件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5598件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る