業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

“古参薬”が先進医療の場で再登板

2013年07月22日(月)09時50分配信 配信日:13/07/22 09:50 icon_view612view icon_view612view
スミフェロンとレトロビル、5年後の公知申請で適応拡大

かつて主力品として医療現場で長く使われてきた“古参”の医薬品が、先進医療の場で再登板する。大日本住友製薬の天然型インターフェロン(INF)α剤「スミフェロン注DS」と、グラクソ・スミスクラインの抗ウイルス化学療法剤「レトロビルカプセル」(一般名=ジドブジン、販売はヴィーブヘルスケア)だ。両剤は、希少疾患である成人T細胞白血病・リンパ腫(ATL)に対するINFα/ジドブジン併用療法に用いられる。
(情報提供元:医薬経済社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1347件)

show

2017.11.22 new 269.その結果の信ぴょう性は 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.15 new 268.直前に出た人、止めた人の結果 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.08 267.根拠の無い「就寝前」は誰のため 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.02 93.薬局の業態変化の必要性 【世塵・風塵】

2017.11.01 266.まさか2年連続で怒鳴るとは 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20173件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5709件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:11月17日~11月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:11月17日~11月24日

もっと見る