業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

高田製薬、抗アレルギー薬のセチリジンに小児適応を追加

2013年09月14日(土)09時01分配信 配信日:13/09/14 09:01 icon_view1474view icon_view1474view
■小児への効能・効果で追加承認取得
高田製薬株式会社は、3日、同社の抗アレルギー性疾患治療剤である、セチリジン塩酸塩DS1.25%「タカタ」および、セチリジン塩酸塩錠5mg「タカタ」において、小児への効能・効果および用法・用量の追加承認を取得したと発表した。承認は9月2日付で取得している。

これまで成人のアレルギー性鼻炎、蕁麻疹、湿疹・皮膚炎、痒疹、皮膚そう痒症(「そう」はやまいだれに蚤・以下も同様)の効能・効果となっていたが、これに小児のアレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎・皮膚そう痒症)に伴うそう痒が追加された。

■ジェネリックのドライシロップ剤で小児適応は唯一
小児の場合の用法・用量としては、セチリジン塩酸塩DS1.25%「タカタ」で、通常、2歳以上7歳未満の小児に1回0.2gを1日2回、7歳以上15歳未満の小児には、1回0.4gを1日2回、いずれも朝食後および就寝前に用時懸濁して経口投与するとされている。

セチリジン塩酸塩錠5mg「タカタ」は、通常7歳以上15歳未満の小児に、セチリジン塩酸塩として1回5mgを1日2回、朝食後および就寝前に経口投与する。

セチリジン塩酸塩は、ヒスタミンH1受容体拮抗作用により、アレルギーで引き起こされる症状を改善する。「タカタ」はジェネリック医薬品であるが、ジェネリックのドライシロップ剤として小児の適応をもつのは、この製品のみとなっている。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19676件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5574件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月22日~05月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月22日~05月29日

もっと見る