業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

協和キリン 糖尿病薬「オングリザ」、サブ解析で膵臓リスク「なし」

2013年09月27日(金)11時26分配信 配信日:13/09/27 11:26 icon_view1131view icon_view1131view
協和発酵キリンは26日、2型糖尿病治療薬「オングリザ」(一般名=サキサグリプチン)の海外大規模臨床試験「SAVOR」のサブ解析結果を発表した。安全性に関して膵炎の発生率を見たところ、オングリザ群24例、プラセボ群21例とほぼ同様であった。膵臓がんの発生率も低値で、オングリザ群5例、プラセボ群12例だった。こうした結果を踏まえ、オングリザ投与による膵炎と膵臓がんのリスク上昇はないとしている。
(情報提供元:医薬経済社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1315件)

show

2017.06.29 new 『加齢で高まる!薬のリスク』 【著者プロフィール】

2017.06.29 new 加齢で高まる! 6つのリスク ―高頻度に現れやすい… 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

もっと見る

業界ニュース(19762件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5601件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る