業界ニュース

カテゴリーを選択

医薬品/医薬部外品 

<<前のニュース

次のニュース>>

大塚製薬、「プレタールOD錠」でグッドデザイン賞受賞

2013年10月12日(土)09時00分配信 配信日:13/10/12 09:00 icon_view1956view icon_view1956view
■世界初!ODへの直接印字を実現
大塚製薬株式会社は10月1日、同社の取り扱う抗血小板剤「プレタールOD錠50mg・100mg」(一般名:シロスタゾール)で、2013年度グッドデザイン賞を受賞したと発表した。世界で初めて口腔内崩壊錠(OD錠)への直接印字を実現した、IDTAB(アイディータブ)技術が評価されたものという。

従来、柔らかく溶けやすいOD錠に製品名を直接印字することは難しく、不可能とされてきたが、大塚製薬はIDTAB技術によってこれを可能とした。

薬剤名の印字は、医療関係者や患者自身に、それが何の薬であるかをしっかり知らせることができ、調剤ミスや服薬ミスの防止につながるため、メリットが高い。とくにハイリスク薬である、この抗血小板剤のような薬剤では、識別しやすいことが重要であり、手術前など服用を中止する必要がある際に役立つという。

■慢性動脈閉塞症、脳梗塞再発予防の薬として広く使用

「プレタールOD錠」は、血管拡張作用を併せ持った抗血小板薬。血小板または血管平滑筋のホスホジエステラーゼ(PDE3)の活性を選択的に阻害することで、血小板の働きを抑えて血液が固まるのを防いだり、血管を拡張させる作用を発揮したりする。慢性動脈閉塞症治療薬、脳梗塞再発予防薬として、日本国内はもちろん、海外でも幅広く使用されている。

プレタールOD錠においては、「プレタールOD錠50mg」で両面に「プレタール50」の印字が、「プレタールOD錠100mg」で、表面に「OG18」、裏面に「プレタール100」の印字が、IDTAB技術を用いてなされている。

大塚製薬では、この世界初の技術である、錠剤印字技術のIDTAB技術が世界標準となり、医薬品業界全体に広く普及することを期待するとしている。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1341件)

show

2017.10.18 new 264.夢と消えた“黒革の手帳”の世界 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.11 263.とどまること知らない調剤薬局の不祥事 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.05 92.薬剤師の倫理観 【世塵・風塵】

2017.10.04 262.ついに予防という言葉が登場 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.27 261.新薬局ビジネスモデル研究会の意味とは 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20058件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5681件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:10月17日~10月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:10月17日~10月24日

もっと見る